カテゴリ: 送信機、受信機製作

RITはいらないと前に書きましたが、よく考えてみると、移動ではCQを出したり呼ばれる場面がありますので、追加することにしました。

しかし、表示も、8x2文字しかないので、なかなか大変です。

そういうことで、モード表示をスイッチポジションをパネルに書くことで、液晶表示を少し節約することにしました。

とりあえず、スイッチの右に文字を入れました。

イメージ 1



[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

朝早く目覚めたら雨が降っていたので、移動は様子見になりました。

時間ができたので、CW運用でずっと欲しかった機能を追加しました。

これまで、自作機で約2万局、DXCCもほぼ330エンティティと交信しましたが、私のような弱小局の運用スタイルは、電信のワッチ主体でCQを出すことはほとんどありません。

したがって、RITは不要で、代わりにワッチしていて、相手局が指定してくる UP1とか、UP2にどれだけ速く対応できるかが大事とよく感じていました。

今回のトランシーバーは、そういうことで、スイッチを押すたびに送信周波数のみ1k,2k,3kと順番に変わる機能をプログラムしてみました。

イメージ 1




プログラムで追加変更した部分は、以下になります。誤操作を防止するために少し長めに押さないとスプリット対応モードにならないようになっております。

lcd.setCursor(6, 1);
lcd.print("U");
lcd.print(tup);

if (digitalRead(12) == LOW) {
delay(500);
if (digitalRead(12) == LOW) {
tup++;

if (tup > 3) {
tup = 0;
}
}
}


if (digitalRead(4) == HIGH) { //TX High

si5351.set_freq((vfo * SI5351_FREQ_MULT) + bfo + txd + (tup*100000ULL), SI5351_PLL_FIXED, SI5351_CLK1);
si5351.output_enable(SI5351_CLK2, 1);//BFO


}
else {
//lcd.setCursor(6, 1);
//lcd.print(" R");

si5351.set_freq((vfo * SI5351_FREQ_MULT) + bfo, SI5351_PLL_FIXED, SI5351_CLK1);
si5351.output_enable(SI5351_CLK2, 0);//BFO
}



[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

jt65で運用していると、送受の周波数がズレているのが画面で見てわかりました。

20hzくらいなのですが、交信するとこのようになります。

今回の無線機は送受で別の水晶フィルタを使っており、受信のキャリアは水晶発振、送信はPLLとなっており、プログラムで差分補正しているのですが…

新年早々、蓋を開けてキャリア周波数を測定すると、USBのキャリア周波数が少しずつ動くことがわかりました。

発振回路の定数を変える必要がありそうです。

しかし、SSBだとこういうのはほとんど気がつかないのですが、デジタルモードはシビアですね

イメージ 1




[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

明けましておめでとうございます。

さて、無線機がなんとなくできましたので、いろいろ運用しながら、デバッグをして行きたいとおもいます。

まずは最近人気のJT65モードです。パソコンとの接続は、マイクと音声出力、それにPTT制御のみなので簡単です

今回、パソコンのUSBをシリアル変換器でオンオフ信号を作りました。

バンドは14メガ。昨夕方聞いてみるといっぱいでられてました。まずは中国の局をコールして難なく交信成立。続けてタイ、ロシア、オーストラリアとどんどんできました。

次に50メガを聴いてみると、50.276でjt65の信号が聴こえました。50メガは4エレですが、アンテナの調子が悪くてあまり交信できてないのですが、JR2HCBさんと交信できました。

また、JA3EGEさんの信号も見えてましたので、さすがデジタルモードは凄いと感心しました。

この、インタフェースでRTTYも本日試してみるつもりです

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3




[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

大晦日になりました。

早起きして、今年最後の製作です。

最後は進行反射メーターの配線、キャリアレベル調整ツマミを背面に取り付けとなりました。

キャリアレベルは半固定でいいかと思ったのですが、AMもあるので背面にとりつけてみました

フロントパネルの文字入れは透明シールに印刷して貼り付けました。背面はちょっと手抜きしすぎて、位置がバラバラですが、みることはあまりないので(笑)

最後に、先日、総通で受領した無線局免許証票を貼りつけて~

まだまだ完成まで遠いですが、今後メイン装置として使いたくなるような無線機に仕上げたいと思います

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 1





[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

↑このページのトップヘ