2017年08月

秋のSOTA山移動に備え、デバックと振動試験をしています。

神奈川県高座郡の知人宅を訪問したので、アンテナを繋がせてもらって移動運用してみました。

午後の短時間でしたが7メガ2Wで6局と交信、内2局はCQに対する応答でした。

イメージ 1

イメージ 2





[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

変調トランスを使ってもあまり変わらないので、元に戻しました。

ショートして燃えた配線も交換して修理完了。

出力10mW。でも、これくらいがハムフェア会場では丁度よいかもしれません。

中に入れているカラー印刷シートは、SOTAマークを入れるために再作成予定です。

会場特別ロールコールでは、顔が見える5mくらいの距離でしか取ってもらえませんでしたが、今年はどうでしょうか(笑)

イメージ 1




[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

釣竿が6mなので、この長さで7メガのEFHWが実用になるか実験してみました。

上手くいくと、コイル切り替えで7メガ以上に簡単に出ることができるので、山の上でエレメントを張る場所に悩む必要がなくなります。

地面から1mは間隔を空けたいので、エレメント長は5m。この真ん中にコイルを付けることで検討します。

短縮なしの7メガのEFHWはエレメント20mが必要なので、25%の長さになります。

これくらいの短縮となるとかなり損失も大きくなりますが、電流腹がエレメントの中心にきますので、少しは期待できます。

計算は、シミュレーションでもよいのですが、これくらいの短縮になると結局は実験で求めることになります。

ある程度、リアクタンスを推測してコイルを巻いてみるのが感覚を把握するのによいと思います。

短縮ダイポールのリアクタンスは、ご存知の通りこんな感じになります。

イメージ 1


50%短縮で、もうすでにグラフで読み取れない-700Ω程度になりますので、25%では、-1400から2000Ωくらいになると思えます。

ここでは、仮に-1400Ωで計算して32μHとなりました。

イメージ 2


このインダクタンスを実現するコイルの巻き数は以下のサイトで求めることができます。非常に近い値で作ることができるので便利です。

http://gate.ruru.ne.jp/rfdn/Tools/ScoilForm.asp#

実際のコイルは、以下のように廃棄するプラスチックのボトルに7,10,18,21のタップをつけて巻いてみました。

イメージ 3


このアンテナを地面に立てかけて二階のベランダでコイル部分で、ディップメーターで共振周波数を合わせます。

18,21メガは簡単に合わせられましたが、7,10は、短縮率が大きいのと、周りの影響を受けるので測るたびに、共振周波数がずれて上手くいきませんでした。

イメージ 4


しかし、ベランダに仮設して、何度かコイルのタップを切り替えたりすることで、7メガもマッチングをとることができました。

この時、受信もそこそこ聞こえましたので何となく使えそうな感じです。

7メガで1Wの自作トランシーバーで、3局と交信。そのあと、10メガ、18、21も交信できましたので、とりあえずは使えそうです。

しかし、7メガのマッチングは、不安定です。同軸ケーブルの位置でもマッチングがフラフラするので、移動先で条件が変わると多分使えないと想定されます。

コイルをしっかり固定して再調整してみようと思っています






[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

短縮マルチバンドのEFHWアンテナは、まだ実験中ですが、18と21は調整できていますので、ぼちぼち移動準備をしています。

釣竿は仕舞長が1m程度ですのでちょっと背中に担ぐのも邪魔になりそう。

まずは、バイク用の釣竿ロッドホルダーという製品があることを知り、いろいろ調べてみました。

乗っているのは、125ccのスポーツ車ですが、2人乗りの足ステップを使ったものがほとんどでした。価格は、5k-15kくらい。

こういう構造だと、バイクで走ってちょっとロケの良さそうなところがあれば、そのまま釣竿を伸ばして数分でオンエアできそうです。

構造がだいたい決まったので、早速、身の回りのものを使って考えてみます。

アンテナコイルを巻いていた塩ビパイプと配線クリップ。この辺りが使えそう。

あとはアルミ板で固定金具を作れば行けそうです

イメージ 1




[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

ハムフェアが近づいてきました。

今年はブースを出すので、小型の自作トランシーバーを並べるつもりで準備してます。

昨年作った50メガAM機ですが、あまりに詰め込み過ぎて、内部でショートして昨年末から死亡してたので、修理を始めました。

https://blogs.yahoo.co.jp/yah_8877/14179355.html?type=folderlist

ついでに、LM386からのコレクタ変調の音質が良くなかったので、トランスを使ってみようかと実験中。

しかし、カセットケースに入りますかね??(笑)

イメージ 1







[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]

↑このページのトップヘ