多くの方が作られているK3NGキーヤーの基板を製作しました。

Aruduino pro mini (3.3V)を使っているので組み立てが簡単です。

かなり小型にできて動作も問題ないので自作してみたいという方に基板とTRのみを無料(SASE)で差し上げます。約30枚あります→在庫がなくなったので終了します

①基板(裏、表) 4.5cm x 2.7cm 厚さ1.2mm

IMG_5498

送付するものです。基板、2SC2712、0.01u Fx3個、51Ω x2個(斜めにして2個直列につけて100Ωのところに使えます)
FullSizeRender

②回路図 
基板に配置するサイズが特殊な部品は、VRやジャックくらいだと思いますが、基板搭載にしないでケースに取り付けてワイヤーで配線すれば手持ちのものが使えます。回路図中のスピーカーとなっている部分は圧電ブザーを使ってください。また回路はリチウム電池充電基板が載るようになっていますが、マイコンのREWに外部から電源供給すればDC5Vでも使えます。出力TR(未使用品ですが別基板からの取り外し品)は添付します
回路図
BOM(部品表)
bom


ご参考
●モノラルジャックhttps://a.aliexpress.com/_mLIbDk4

●ボリューム https://eleshop.jp/shop/g/gIC6415/



③ソフトウェアリンク 設定方法は多くの方が記載されていますのでJAの方のWEBなども参考にするとわかりやすいと思います
https://www.egloff.eu/index.php?option=com_content&view=article&id=208:k3ng-keyer&catid=26&Itemid=1629&lang=fr

ダウンロードリンク
https://github.com/k3ng/k3ng_cw_keyer


★本機での設定

スケッチの修正箇所

keyer_features_and_options.h

次の 4つの先頭にある”//”を削除する。
#define FEATURE_BUTTONS
#define FEATURE_COMMAND_MODED
#define FEATURE_MEMORIES
#define FEATURE_POTENTIOMETER

keyer_pin_settings.h
#define paddle_left 2
#define paddle_right 5
#define tx_key_line_1 10 
#define sidetone_line 4   
#define potentiometer A0  
#define command_mode_active_led 
13 コマンドモードになっている時、マイコンのLEDが点灯します。

④主要コマンド
コマンドボタンを押した後に以下のコマンドを入力すると設定されます。再度コマンドボタンを押すことで通常モードになります。

A:Iambic Aモードへの切り替え
B:Iambic Bモードへの切り替え
D:Ultimaticモードへの切り替え
E:スピード表示 wpm
F:サイドトーン周波数調整
G:バグモード切替
I:TXへの出力on/off
J:短点長点比調整
N:パドルの左右切り替え
O:サイドトーンon/off
P#:プログラムメモリー入力(#は1~4の数字)
T:チューンモード
V:ポテンションメーターのon/off
W:スピード変更
X:コマンドモードから通常モードへ
Z:オートスペースon/off


⑤組み立て例
IMG_5449

FullSizeRender
FullSizeRender

⑤申し込み方法
私のコールサイン@jarl.comに「K3NGキーヤー基板&TR希望」のタイトルでメールお願いします。受付後に送付先をこちらからメールで返信しますので、その後にSASE(返信用封筒には、84円切手を貼り貴方の住所氏名を必ず記入してください)を送ってください。

基板がなくなった時点で終了します(4/15 終了しました)