SOTAで使える移動用のFT8トランシーバーを考えています。

これまでカセトラでFT8運用ができるところまできましたが、パソコンが山登りの移動には重量的に苦しいところです。

最近はラズパイでFT8ができるということなので、ラズパイと3.5インチ液晶を組み込んだ小型で電池内蔵のトランシーバーが楽しそうです。

まずは、ラズパイで動かすところから。昨年、SDRでラズパイのセットアップとか散々勉強したはずなのに、頭の中は真っ白(笑)

OSのコピーから開始しました。
wsjtは、FT8だと1.8以上を使う必要があり、以下のKD8CECさんのサイトをみながらセットアップ。

http://www.hamskey.com/2018/02/create-wsjtx-portable-version-05.html?m=1

結構、苦戦しましたが、何とか1.9バージョンをインストールできました。

イメージ 1


初体験のラズパイとUSBのサウンドアダプタを接続して、受信も成功…

イメージ 2


DXペディションモードも付いてます(笑)

イメージ 3



3.5インチ液晶とかのセットアップは難しそうですが、少しずつ進めたいと思います。



[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]