フィルターができたので送信特性をみました。

バラモジ出力は、-30dbm。一段FETで増幅したあと、ダイオードSWを通り水晶フィルタ。

フィルタをSSB帯域にセットして、パソコンから200Hzから8kのオーディオスイープ信号をマイクアンプに入力、スペアナのmax holdというメモリ機能を使って送信特性をみます。

イメージ 1


6素子ですのでスカート特性が悪いです。
しかし、QRPということもあり、使えるレベルかと。

ついでにCWモード。

イメージ 2


SSBと同じキャリア周波数で800Hzくらい上で送信すれば良い感じです

最後に二信号特性。あまり良くないですが、このまま進めます…

イメージ 4


イメージ 3



[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]