中波受信機が未完成なのですが、前から実験したかったリモート同調のループアンテナを作ってみました。

手元で同調させるループアンテナはよくありますが、屋内だと雑音が多いので、雑音の少ないところに設置したかったので…

まず、近所の梱包会社から廃材でもらってきた1.12mの木棒2本に切り込みを入れて、クロス、平板で補強します。

長さは、特に決まりはありません。もっと短いものでもコイルの巻き数を増やせば使えます。

イメージ 1

イメージ 2


1次ループのコイルは最初10回巻きとしましたが、インダクタンスが大きすぎたので、7回で130μH程度としました。

この時47pFのコンデンサを並列につなぐと1600kHzくらいに同調しますので、後は容量を増やせば低い周波数に同調させることができます。

イメージ 3

イメージ 4


ここで二次コイルは、1回巻きで受信機に接続して室内でバリコンで可変すると問題なく高感度でローカル局は受信できましたが、やはり雑音もかなり拾ってしまいます。


イメージ 5


リモート同調は、先日12vの定電圧ダイオードが良い感じに容量が変化してくれましたのでとりあえず1本取り付けて実験してみることにします。

アンテナ側のマッチングボックスは、昨年末に買ったプリンタのインクのパッケージ。

捨てないで置いておくと、色々使えますね(笑)

イメージ 6


コントロール側はとりあえず、バラックで可変電圧の電源から供給します。

イメージ 7


二階のベランダに取り付けてみました。

イメージ 8


使ってみた感じは、よく聞こえますが、リモート同調は、甘い同調でシャープさがないです。

さらに周波数によって、変な電圧で最大感度になってしまいます。

あまりの強力なローカル局で電圧がバリキャップにかかって同調点が動いているのではと推測。

この方式は、使えないのかも…

参考までに回路を載せておきます。

同軸ケーブルに直流を載せて制御するところはいろんなものに使えると思いますよ(笑)

イメージ 9



[https://taste.blogmura.com/ham/ranking.html にほんブログ村 アマチュア無線]