最終的にCAS4Bがベランダホイップでよく聴こえるくらいになりました。
 

以下、古いFMラジオICをSSB、CW受信につかってみた受信部のまとめです。

●歪について
IF部以降を昔のFMラジオICで簡単に作ってみましたが、復調音声出力の歪がとんでもなく大きい問題があります。

そもそもFM受信は利得を思い切り上げて飽和させてリミッターをかけてAM変動分を除去してから復調するようになっていますので、これは仕方がありません。

歪率は、数十パーセントくらいあります。CW信号も濁って聞こえます。よくわかるように実際、144MHzのFT8の信号を受信するとこんな感じになりました(笑)。これは1150Hzと1500Hz付近に2局がでているのですが、2倍の2300,3000Hz付近に帯域の広がった二つの信号がよく見えています。これでは、実用上問題がありますね。
IMG_1479

そこで何とかならないかとレベル調整やインピーダンス変換回路を見直してみました。結果として、少し改善して、歪が数パーセントレベルまでに抑えることができました。なかなか難しいです

まだ歪はありますが、かなり改善したので、通常のSSBやCWであれば使えるレベルまでになりました。
IMG_1480


●IFフィルター
帯域が左右対称になるには、水晶7個くらい必要でした。インピーダンスを合わせるのが難しくて、、あってないと帯域内のリプルが10dB程度とかなり大きくなります。今回はFMラジオICのIF入力インピーダンスが300Ω程度なので利得は下がりますが抵抗で合わせています。また、ミキサと水晶フィルターの間は4:1のトランスを入れてかなりリプルがなくなるところまでできました。

特性は、こんな感じです。11.0592MHzの水晶7ポール、コンデンサは68pF、33pFです
IMG_1465」」


●感度
IFアンプだけで、11MHzにおいて感度は、-120dBmのキャリアが聴こえる程度で、ローノイズのフロントエンドがあれば十分です。今回の構成で144MHzの-127dBmのキャリアでも十分確認できました。


●Sメータ
感度が悪いです。カタログでも、メータの電圧が増え始めるのが30dBμからなので、感じとしてはS5くらいからしかメーターの針は振れませんが、まあ目安程度にはなります。

●AGC
FM用なので、そもそもAGCはないのですが、リミッター的に過大入力に対してリミットは効くようです。そのため、ローカルの強力なSSB信号でも復調はできます。



。。。次は435MHzの受信部に取りかかります