昨年末から仕事が忙しく、全く手つかずだったCBハンディ機の設計を再開しました。
ハムフェアまで時間がありますが、技適とか結構手間がかかりますので、間に合うように進めたいと思います。

①アンテナ特性の確認
昨年のWVU-1102で1.39mロッドアンテナでも結構飛んでくれましたので、今回も同じ電圧給電で進めます。2mくらいにするとどうしても筐体サイズとのバランスがとれないのでデザイン優先で。。。

一応、現状のインピーダンスなど測定データを残しておきます。27MHzで共振は取れているようです。ハンディなので持ち方や周囲状況で大きくインピーダンスは変化するので、あくまでも参考ということで...
IMG_E6797


ロッドアンテナのインピーダンス20210201



②送信回路とのマッチング
 前回は、出力200mWで広帯域トランスでマッチングをとっていましたが効率が良くなかったので、今回は、整合回路で合わせてみたいと思います。

 終段の想定インピーダンスは変調によって変わるので、概算で入力電力を2W程度(7V、0.3Aくらい)23Ωくらいでしょうか。今回は、この部分をチューニングできるようにしてパワーアップを図れるか確認してみたいと思います。

整合回路は、終段のドレイン部を23Ω、直列L(150nH)、並列C(130pF)で50Ωとします。
Cは調整できるようにトリマを使うような回路で実験してみます

整合回路計算20210201



多くの方が購入されている格安スペアナ。最初に届いたのは、クローン品でした。

セルフテストも通らず、スプリアスも酷い。しかもレベルが校正できずめちゃくちゃでした。
IMG_5909

仕方がないので、調べていきます。もう一台、安心サイトから正規品も購入して比較して調べます。

写真の上が正規品、下がクローンです。クローンはシールドもなく、セルフテストを見るとフィルターが不良がでます。

比較しながら基板の部品をみるとクローンにはフィルターでなくレゾネーター部品が搭載されていることが判明しました。

IMG_6213

IMG_6211
IMG_6654

オリジナルで使われている部品のSAWフィルターの型名を検索すると433メガのものでした。これは、車のリモコン🔑などに使われている量産品であることもわかりました。

早速、使えそうで安いものを探してみました。2個必要なのですが、通販でバラ売りがなかったため、なんと10個も購入。

特性もオリジナル品より帯域が広いものしか見つからず、しかも3k円近くもしました😅

ここまで、投資して治る保証もないのにやる価値があるのかと思いましたが、何事も勉強です。いろいろ調べているとこのスペアナにかなり詳しくなりましたので、直してみたくなりました。

部品、到着です。
早速、ヒートガンで部品を外しますが、周りの小さい部品も外れてしまい、大変でした😅

写真の銅板シールドは自分で追加したものです。スプリアスはシールドが原因かと思いましたが追加してもあまり変わりませんでした。

正規品のシールドを外してもスプリアスは増えないので、あまり気にすることはありません。

FullSizeRender


さて、交換完了。セルフチェックをすると、まだfailedがでます。フィルター特性を見るとリプルがやたらにでかい。しかも損失が正規品より12dBくらいあります。

下が交換したフィルター特性、上が正規品です。波形を見るとマッチングが取れていないことがわかります。




IMG_6663


ここで、周辺部品のマッチングCLを変えて合わせたいところでしたが、部品が小さすぎて手持ちにないことと、ハンダゴテが入らないので諦めました。

ただ、Cを外すとレベルが少し上がり損失が10dBくらいに改善しましたので、セルフテストはレベル異常はでますが、通るようになりました。

FullSizeRender

ここまで来ると、レベル校正機能が動作しますので、キャリブレーションをかけるとまともにレベルが見れるようになり、スプリアスも無くなりました😊

IMG_6661


ただ、損失が10dB増えたことで、スペアナ自身のダイナミックレンジは10dB狭くなりましたが、モニターレベルなので特に問題はありません。

また、ハイバンドはもともとフィルターを通過しない構成なので正規品と変わらない動作です。

ちなみに、これは不具合ということで、半額返金してもらいました。


また、追加しておくと正規品も電源投入後、数分で画面が白くなる初期不良品でした。今年の運勢は、本当に悪そうです😅

これは、全額返金されました。
IMG_6219


ついでにこれも修理にトライしました。最初は液晶不良かと思いましたが、tiny saは半田付け不良が多いという情報がありましたので、STM32の脚を拡大鏡で調べたら、怪しそうな部分があったので追加で半田付けしました。

結果として、治ったようで問題なく動作しています😊

中華格安品は、こういう不良は当たり前といういう気持ちでいないと病気になりそうです😅

しかし、すごく勉強になりますよ。ホント





今年一年、ブログを見ていただきましてありがとうございました。

毎年恒例の今年作ったもののまとめ写真です。

今年は、3Dプリンターを導入して、製作の幅が少し広がりました。

3Dプリンターは1台では追いつかないほどフル稼働…

しかし、出店予定のイベントの殆どが中止となり、残念な一年でした。

来年はイベントができるようにと切に願います。


IMG_6177

↑このページのトップヘ