毎晩帰宅後に少しずつ作っていたトップフィルターを受信機に内蔵しました。

アンプが入ってますので、7.0MHzにおけるこの基板の総合損失は、-2デシとなっています。

イメージ 1


イメージ 2


自作受信機は、弱い信号でもよく聞こえる性能なのですが、受信ノイズが静かすぎるので、入切できるプリアンブを作ってみました。

回路は、2SK125を2本使ったゲート接地の定番回路です。

ゲインは10デシくらいです

イメージ 1



今朝、ARRLから認証メールが来ましたので、自作機で交信した、1.6万局のログをあげてみました。250エンティティくらいコンファームできているようです。

10年くらいQRTしてましたので、古い交信ばかりですが意外ときてますね。

紙QSLでは自作機交信で330エンティティコンファームしていますので、DXを呼ぶこともなかったのですが、LOTWの未コンファームリストでも印刷して、DX局を呼ぶ楽しみができました。

イメージ 1


↑このページのトップヘ