中古測定器、到着しました。
程度はあまりよくなかったのですが、とりあえずチェック。

正面のコネクタが大きく曲がっています。あと出力レベルのスイッチが全体的に接触不良。ゴム足なし…というところでしょうか。

SGはあるのですが、昔、実験室で散々使った思い出の装置だし、安かったので(笑)

まずは、パネルを外し、掃除機で埃を吸って、エレクトリッククリーナーを隙間からかけまくります。昔の機械のスイッチは隙間が多いので、こういうのでかなり接触不良は改善します。

あとは、コネクタを足で踏みつけて戻す。パネルの曲がりをハンマーで叩いて治す。最後に手持ちのゴム足をつけて完成。

接触不良もなく、バッチリ動作しております(笑)

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


周波数特性は、使う板によって変わるせいか、あまりデータはありません。

ファンクションジェネレーターの正弦波を周波数を変化させ、GMMエキサイターに接続してMEMSマイクで拾ってみました。

スペクトラムは、0-50khzまでの特性です。上がアクリルいた、下がステンレス板です。

これまでみた文献通り低域はダメ(写真の直流付近のレベルが高いのはスペアナ特性なので無視してください)です。

使えて35khzくらいまででしょうか。アクリル板は超音波では振動しないことがわかります。


イメージ 1
イメージ 2

イメージ 3

先に作った秋月防滴型センサーに防水対策をしたもの、AE transducerを使って超音波洗浄機の水中スペクトラムをみてみます。

ここで使ったAE transducerは、周波数は200khz以上に対応しているようで感度は悪いです。

イメージ 1


↑このページのトップヘ